本文へ移動

文字の大きさ 背景色

【終了しました】武蔵野大学×起業・創業セミナー「起業しやすい環境。学生起業家の経験談から学ぶ、やりたいことをカタチにする方法」

2022年11月8日

武蔵野大学は、2021年4月に、日本発となる「アントレプレナーシップ学部」(武蔵野EMC)を開設し、未来のアントレプレナーを育成する起業家教育に力を入れています。
今回は、武蔵野EMCが起業しやすい環境をどのように整えてきたのかを武蔵野EMC教授佐藤大吾先生にお話しいただきます。
また、武蔵野EMCで学び、学生起業されたお二人に経験談をお話いただきます。
学生起業家の起業にまつわる経験談をQ&A形式でもう一歩踏み込み、何を経験し、どんな考え方を持ちながら成長してきたかなどリアルな声を聞ける機会となります。

日時

2022年11月7日(月)15:30~17:00

出演者

ファシリテーター

武蔵野大学 アントレプレナーシップ学部 アントレプレナーシップ学科 教授
NPO法人ドットジェイピー理事長/一般財団法人非営利組織評価センター理事長
佐藤 大吾 さん

佐藤大吾さん

73年大阪生まれ。大阪大学法学部在学中に起業、その後中退。98年、若年投票率の向上を目的にNPO法人ドットジェイピーを設立。議員事務所、大使館、NPO、社会的企業などでのインターンシッププログラムを運営。これまでに4万人の学生が参加、うち約150人以上が議員として活躍。10年、英国発世界最大の寄付サイトの日本事業「JustGiving Japan」を創業(17年LIFULLグループ入りを経て、19年トラストバンクへ事業譲渡)。国内最大の寄付サイトへ成長させるなど、日本における寄付文化創造にも尽力。

事例発表者1

武蔵野大学 アントレプレナーシップ学部 アントレプレナーシップ学科 2年
合同会社VEL 業務執行社員 西野 うらら さん

西野うららさん

合同会社VEL創業メンバー。21年武蔵野大学アントレプレナーシップ学部1期生として入学後、学部での実践授業をきっかけに22年1月、学部の友人5人と合同会社VELを起業、営業を担当。外部ではイノベーターが集うコミュニティ「Venture Café Tokyo」にてアンバサダーとしても活動中。Hello Innovatorや大学生ジャッジなどイベントの開催を経験。現在は人間の死や終活に強い関⼼がある。

事例発表者2

武蔵野大学 アントレプレナーシップ学部 アントレプレナーシップ学科 1年
株式会社Emer 代表取締役 板本 大輝 さん

板本大輝さん

03年10月27日生まれ、島根県出身。高校2年のときにコロナ禍で帰省できない方に向けた動画を作成、発信したところ沢山の高評価を得る。そこから「誰かのために映像を作る」ことをスタートし、プロフットサルチームのライブ配信を2シーズン担当し、高2で起業。中小企業のプロモーション制作事業を行う。大学入学後は、ライブ配信のニーズを強く感じ、ピボット。遠隔ライブ配信をサポートする株式会社Emerを設立し、より良いサービスを提供できるよう仮説検証を繰り返している。

対象

どなたでも

会場

オンライン(Zoomミーティング)での開催

参加費

無料

定員

30名(申込順)

申込先

こちらのフォームよりお申し込みください

主催・問合せ

株式会社まちづくり三鷹  電話:0422-40-9669